トップページ | 2007年9月 »

2007年8月

2007年8月31日 (金)

夏休みの宿題

 8月31日、夏の終わりの風物詩『宿題に追われる日』。宿題の中に夏の計画表なるものがあります。私も学校の先生なので計画表の宿題を毎回出します。自己管理のためです。(まあたいてい8月の終わりのころに一気に書いてしまいますが。実際私自身もそうでしたし。)そして、8月31日には夏休みを振り返ってどうだったかという欄が設けられています。さらに『おうちの人から』という欄まであります。「パパが書いて。」という妻の指令により、娘の計画表の『おうちの人から』欄を書くことに。が、しかし、難しい。『おうちの人から欄』を設ける理由は「おうちの人に計画表を確認してもらう。」ためが大きな理由です。ならば、通知票のようにハンコでもいいのではないかと言われればそれまでですか・・・。しかし、いざ自分が書くとなるとハンコでもいいのではないかとも思ってしまいますが、何を書こうかと結構考えました。難しいのだけど、娘の成長の証を確認できました。そして、40日に渡った夏休みを振り返る良いきっかけにもなりました。

 今日の新聞にも書かれていましたが、授業時数が増えるようです。「ゆとり教育」の見直しのためでしょうか。で、授業時数確保のために、おそらく夏休みが削られるのではないかと思います。事実、8月の終わり頃から新学期を迎えている学校も増えてきています。夏休みも40日間もあるのは今だけかもしれません。でも、本当に授業時数はたりないのでしょうか。授業時数を増やしたところで、子どもの力がつくとはあまり思えないのですが。もちろんできる子はよりできるでしょうが、できない子や苦手な子はもっとできなくなります。量より質だと思うのですが。その質を高めるのが『ゆとり』であり、『夏休み』なのだと思うのですが。世の中の流れは逆です。

 娘の計画表は教室の後ろに張り出されるらしいです。あぁ、もっときれいな字で書けばよかった。

| | コメント (0)

2007年8月30日 (木)

チャップリンDVD

Photo_2  今日新聞を見ていたら、「チャップリンDVD」の記事が。何でも著作権の関係で販売は無効との判決が。ていうか、500円でチャップリンのDVDが売られていたという事実にビックリ。もう本屋に行ってもないだろうな。あ~ぁ。

 小学校6年生の時に初めてチャップリンの映画を見ました。夏休みに近くの公民館でやっていました。戦争もの特集ということで、いろいろな戦争に関する映画があったのですが、そこで『独裁者』を見ました。最初は白黒だし、字幕だし、小学生には非常にきつい映像だったのですが、そのうちどんどんチャップリンワールドに惹かれていく自分がそこにいました。なんておもしろい映画なのだろうか。感激しました。ユーモアだけではなく人間の温かさがあふれている、すばらしい作品です。最後の演説は圧巻です。

  スピードも意思を通じさせず 機械は貧富の差を作り

  知識をえて人類は懐疑的になった。

  思想だけがあって感情がなく、人間性が失われた。

  知識より思いやりが必要である。

  思いやりがないと暴力だけが残る。

 新聞を見てもう一度独裁者が見たくなりました。レンタルビデオ屋に行こう。

| | コメント (0)

2007年8月29日 (水)

朝青龍

 朝青龍がモンゴルに帰国しました。ここ1ヶ月ワイドショーやニュースは毎日この話題を取り上げてきました。ちょっとうんざりです。しかし、この問題、結局釈然としないまま。横綱の肘と腰はどうなったのだろう?

 ごめんなさいと一言言えば済んだだろうに。変なプライドが邪魔したのかな。小さいころよく言われませんでした?「間違いは誰にでもあること。そのあとどうするかが大事。」って。そのあとです。そこでどう態度を示せるかが、人としての力量なのだと思います。朝青龍は、日本に帰ってこれるのだろうか。帰ってきたときには、相撲の強さだけではなく、人としての力量を示すために、ごめんなさいってプライドを捨てて、きちんと言ってほしいな。

| | コメント (0)

2007年8月28日 (火)

ボタン1つで

 職場のホームページを作っています。というわけでここ最近パソコンの画面とずっとにらめっこしているので目がしょぼしょぼします。ホームページを作る際に気をつけることはたくさんあります。個人情報や著作権はもちろんのこと、見る側の視点に立つことも大切です。画面の前にいる人は視力の弱い人かもしれません。その人が見たときに、背景がごちゃごちゃしていたり、字がぼやけていたりしては困ります。シンプルが1番です。でもシンプルすぎると個性を失います。このあたりのバランスをしっかりと考えることが大切なのでしょうね。

 情報化がここ10年で加速度を増して浸透してきました。携帯電話なんて小学生でも普通に持っています。情報化が進むと非常に便利です。ボタン1つで物事が進行できますから。しかし、便利さに流されてはいませんか。ボタン1つで事が進むからこそ情報発信側の相手のことを考える力量、そしてモラルが、これからの時代はすべての人に問われるのだと思います。ボタン1つで相手のためになり、ボタン1つで相手を傷つけ、そしてボタン1つで人殺しの集団を作る、そんな時代だから。

| | コメント (0)

2007年8月27日 (月)

組閣

今日は、組閣の日。仕事から帰ってテレビを観ると、早速組閣特集が。政治に関心がそんなに高くなくても、だれがどのポストに就くかはちょっと気になります。まあ、だれがどのポストに就こうと、テレビのコメンテーターも野党も批判します。批判するのって、みんな好きだからねぇ。でも建設的な批判ではないので、全く進歩がありません。あれもダメ、これもダメ・・・・・・確かにダメかもしれません。じゃあ、何が良いのだろう。「こうしたら良いのじゃないかなぁ。」という自分の意見もないくせに批判だけするのは反則だと思うなぁ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月26日 (日)

石巻貝

 我が家に小さな水槽があります。そこに3匹程熱帯魚が泳いでいます。しかし、水槽の壁面がコケまみれで中の様子がよく分かりません。店員さんの「あまり掃除しなくてもいいですよ。」のセリフを過大に取り入れた結果です。あまりにも見苦しいので、水槽に石巻貝を入れてみました。石巻貝はコケを食べてくれると聞いたからです。小さな水槽に大サービスで5匹も。すると、石巻貝がコケを食べてくれたのか、水槽はすっかりきれいに。恐るべき、石巻貝パワー。今までよく見えなかった水槽内の様子がクリアに見えだしました。クリアに見えると今まで気づかなかったことまで見えてきました。水槽内の3匹の熱帯魚の優劣関係です。1匹は別の1匹に意地悪をします。そして残りの1匹は我、関せず。水槽内も人間社会と同じです。

 人間社会は我が家の水槽以上にコケだらけで見えにくいです。しかし、敢えてそうして見えにくくしているのかもしれません。現実逃避です。情けない。そろそろ石巻貝のようにコケを取り除いていかないと。本当に大切なことまで見失ってしまうから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

マラソン

世界陸上を朝から見てました。42.195km。すさまじい距離です。しかもこの暑さ。とてつもなくすごいです。「すごい」って言葉にしてしまえば簡単ですが、言葉では言い尽くせないくらい日々練習を重ねてきた結果なのでしょうね。5位入賞でも反省の弁を述べていた尾方選手。立派だったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年8月24日 (金)

パパも感想文

夏休みの宿題で娘が読書感想文に挑んでいます。結構大変そう。読書感想文って、一部の大人から批判的に見られることも多いようです。子どもの「自由な読み」を奪ってしまうから。確かに宿題という半強制的なものだから、受け身な面は大きそう。でも、時には半強制も必要じゃないのかなあ。でないと、あんまり考えたり感じたりすることもないし。そういう場って、敢えて大人が与えることも必要じゃないのかなあ。ということで、パパも感想文を書くことにしました。いろいろ考えたり感じたりしないと、ボケてしまいそうだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年9月 »