« 冤罪 | トップページ | 踊る大捜査線 »

2007年10月11日 (木)

内藤VS亀田

 この1戦を楽しみにしていました。がんばれ内藤!って思っていました。テレビ放送はいつも通り、「いつ試合は始まるんかい!」と思わせる長い前フリの後、ようやくゴングが。最初から手数では圧倒的に内藤ペース。「よし、いい感じ。」と思ったら、娘が「パパお風呂行こう。」って。「1人で行きなさい。」と言うと、「だってママが危ないって。」確かにそうだ。まあ、ノックアウトされることはないだろうとお風呂へ。お風呂から上がったらもう8R。ちょっとビックリ。試合は大方の予想通り、内藤選手の圧勝。最終ラウンドの亀田選手の投げ技(?)には情けなさが漂っていました。

 試合結果が報告された後、2人はどうするのかなって興味があったけど、亀田陣営はあっさりリングを後にしてました。握手くらいしろよと思ったけれど、これが「亀田スタイル」なのでしょうか。相手を異様に挑発する、年上だろうが普通にタメ口、こういう「亀田スタイル」って、強さがあれば多少は受け入れられるものの、結局、負けてしまうのであれば、単なる強がりになってしまいます。まあ、いろいろな言い訳をこれからするのでしょうが、負けは負けと素直に認めましょう。亀田選手もいずれ世界を取れる実力があるんだから。「亀田スタイル」の妙なプライドがせっかくの実力を邪魔しているように思えてなりません。

 それにしても内藤選手、カッコ良かった。勝ち方は地味だけど、ものすごくいい。強さを鼻にかけないからとてもいい。引退した坂本選手にしろ、内藤選手にしろ、人間味あふれるボクサーは本当にカッコいいと思います。

|

« 冤罪 | トップページ | 踊る大捜査線 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 冤罪 | トップページ | 踊る大捜査線 »