« 巻き添え | トップページ | タイムリミット »

2007年11月 7日 (水)

個店主義

 今日は終日出張です。午後から講演を聴きました。キャスターの福島敦子さんのお話です。さすがNHKのニュースを担当していただけあります。話し方のうまさに引きこまれていきます。経済界のトップの人との会談や義理の弟にあたるイチロー選手の話など実におもしろかったです。特に印象的に残ったのが、『ローソン』の話です。

 大手コンビニエンスチェーンの『ローソン』の社長と福島さんとの会談の中で、社長は「これからは個店主義でないといけない。」と語ったそうです。これは同じ商品を画一的に販売するのではなく、店によってそれぞれのニーズに応じて変えていくということ。画一的に販売した方がコストは下げられるにも関わらず、お客様の立場から物事を考えている点が非常にすばらしいです。東京で売れているものが、決して田舎でも必要とされているわけではありません。若者が多い町とお年寄りが多い町でも必要なものは変わってくるでしょう。その地域ごとにたくさんあった方がいいもの、少なくてもいいもの、是非置いておくべきものは違います。こういう物の見方って、好感持てるよなぁ。

 本当は「無駄」なことって、みんな気づいているんです。地域のローソンも東京と同じ物を売ったってダメだよってわかっていたはずです。でも、それを実践するか否かが大事なのでしょうね。福島さんの話を聞いて、ローソンの青さが輝きを増したような気がします。

 

|

« 巻き添え | トップページ | タイムリミット »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 巻き添え | トップページ | タイムリミット »