« 最後の授業 | トップページ | 通知票 »

2007年12月12日 (水)

 今年の世相を表す漢字は『偽』らしいです。食品偽装問題や政治家の偽り問題。まあ、『偽』の似合う年だったのかもしれません。ところでこの『偽』という字。「人の為」と書くわりに、あまり人の為ではありません。この場合の「為」という字は「作為」つまり「つくりごと」を示しているからです。人の為ではなく、自分の保身や自分の都合の為のつくりごとは誰の為にもなりません。

 でも世の中の多くに『偽』があるんだと思います。私たち自身もそういうものがあるという前提で物事を考えている場合もあります。ブランドものにしろ、ネット情報にしろね。でも、今回の年金に関する舛添さんや官房長官の発言が『偽』ならまずいでしょ。政治家の公約は『偽』が当たり前ならば、選挙なんて何でもありになってしまいます。これこそまさに自分の都合の為の「つくりごと」です。政治家なんてどうせ「偽」しか言わないんだからって、思われないようにしないと。一応、みんな、あなたたちに頼ってるんだから。がんばれ!政治家さん。

|

« 最後の授業 | トップページ | 通知票 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最後の授業 | トップページ | 通知票 »