« 紅白の視聴率 | トップページ | 箱根駅伝(その2) »

2008年1月 3日 (木)

箱根駅伝

 箱根駅伝を見てました。結構毎年楽しみにしています。ぼーっと見るにはこの上なく良い番組です。元日は実業団のニューイヤー駅伝を見てました。それにしても駅伝って残酷なスポーツです。みんなでつないできた重みがあるから、それが勇気になる反面、それが重圧にもなります。

 今回、途中棄権をした学校が3校もありました。東海大学なんてゴールまであと少しっていうときに棄権しました。体調などさまざまな管理の面が問われるかもしれませんが、棄権した人を責めることは出来ません。駅伝は団体スポーツだから。団体スポーツはチーム全体で1つです。10人中9人が区間新記録でも、残りの1人がダメならダメなのです。残酷です。

 これが醍醐味という人もいるでしょう。確かにそうでしょう。でも第3者の僕から見れば、気の毒で仕方ありません。長距離走は短距離走と違って、直接命に関わるものです。学校でも、持久走大会の時は親に承諾書を取るくらいなのですから。実際に、亡くなった方もいます。みんなで1つのものを作り上げる美学と苦しみの重圧の積み重ねと紙一重だと思います。

 それにしてもゴールで待っていた東海大学の選手やコーチは何を思ったのだろう。来年のシード権がとれた安心感に浸ってたろうに。駅伝というスポーツが悪いとは思わないですが、たった1人のためにというのがあまりにも酷です。な~んか、後味の悪い大会でした。今回、3人の棄権チームが出たということ。これを1つの教訓にすべきではないでしょうか。

|

« 紅白の視聴率 | トップページ | 箱根駅伝(その2) »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 紅白の視聴率 | トップページ | 箱根駅伝(その2) »