« 番組への投稿 | トップページ | さだまさし »

2008年1月13日 (日)

朝青龍が勝っちゃった

 朝青龍が久々に土俵に。相手は琴奨菊。巻きかえてもろ差しになりかかったときは「おおっ。」と思ったけれど、やっぱり横綱は強いです。あっさり上手投げ。朝青龍、休み明けをもろともせず勝利。やっぱり強いです。

 でも朝青龍が勝って良かったのだろうか。朝青龍がこのまま勝ち続けて優勝してしまうと、内館牧子さんの立場は?というか、朝青龍騒動自体、いったい何だったのかということになります。

 横綱の品格を問われて、出場停止になった昨年。「強ければ、何でもあり」なのかも問われました。『ヒーロー』というのは、いつの時代でも「強くて優しい」存在であってほしいです。仮面ライダーもウルトラマンもそうでした。朝青龍も横綱という『ヒーロー』であるためには、だれからも「強くて優しい」と思われる存在でないと。「ヒール」ではダメです。だからこそ、あっさり今場所優勝なんてしようものなら、今まで築きあげてきたヒーロー神話が崩れます。

 今場所はこてんぱんに負けてしまった方がいいです。そして2場所出場停止の重みを肌で感じたほうがいいです。そして、そこからはい上がることで、真のヒーローになってほしいと思います。そのためにも、他の力士がんばって。でないと、相撲界からヒーローが消えてしまいそうな気がします。

|

« 番組への投稿 | トップページ | さだまさし »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 番組への投稿 | トップページ | さだまさし »