« 宿題 | トップページ | 命の重み »

2008年1月 7日 (月)

簡易郵便局

 家の近くにある1番近い郵便局が簡易郵便局です。簡易と名が付くので、ビックリするほど簡易です。イメージ、玄関先で郵便事業をしているといった感じです。良い意味でフレンドリーです。たまたまでしょうが、そこのおばちゃんが玄関先が似合いそうな(?)方です。学生時代のアルバイト先のおばちゃんに似ています。

 切手を買いに、その郵便局に行きました。120円切手を20枚買うと、店のおばちゃんは電卓とかも使わずに「え~っと、4800円かな。」とか言うので、「そんなに高くないでしょ。」って思わずつっこんでしまいました。「あらら、勝手に240円と思って計算しちゃった。」なぁんて店のおばちゃんは似合わないかわいい声をだしていました。フレンドリーなついでに、郵便についていくつか聞きたいことがあったので、聞いてみました。そうすると、「最近は厳しくなったからねぇ。」と厳しさをアピールしてました。まあ、厳しいのでしょう。思いっきり井戸端会議です。

 郵政民営化になってから3ヶ月たちました。そのうち国鉄がJRに変わったようになっていくのかなぁ。サービスが向上するなら何の問題もないのでしょうが。でも、おばちゃんの「厳しくなったからねぇ。」が、なんだか引っかかりますが。サービス向上ばかりに目を向けると、こんな小さな簡易郵便局がなくなってしまいそうな気もします。

|

« 宿題 | トップページ | 命の重み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宿題 | トップページ | 命の重み »