« だれか、ふつうを教えてくれ | トップページ | 簡易郵便局 »

2008年1月 6日 (日)

宿題

 娘の冬休みの宿題の○つけをしました。所詮1年生の宿題なので、5+8=といった程度です。○つけもバババッと出来るのですが、パラッと1枚めくって手が止まってしまいました。それは3つの計算になったときです。5+3+4=といった類です。たしざんばかりではなく、ひきざんが混合している問題もあります。何か、脳トレをしているような気分になりました。

 それにしても○ツケというのも結構大変です。僕ら教師は、案外平気に「○ツケは保護者の方でお願いします。」なんて言ってしまいますが。ははは。しかし、発見することも多いです。娘がたいていどんな問題で躓いているのかとか、どういう字はていねいに書けて、どういう字はていねいに書けないとか。宿題の○ツケでもしない限り、気づかないことかもしれません。まあ、それでしか気づけないというのも保護者としては恥ずかしいことかもしれませんが。

 そういえば僕は宿題で算数を出さなくなりました。もう10年くらい出していません。それは10年前にある子に「算数の宿題を出さないでください。」と言われたことがきっかけでした。その子はものすごく真面目に取り組む子でした。でも、算数がそんなに得意ではありませんでした。しかし、難しい問題に出会っても、一生懸命解こうとします。だから、計算ドリル1ページの問題でも、できる子は5分もかからないものを1時間も2時間もかけてがんばることがあったそうです。情けないことに、僕はそれを聞くまでそんなことにすら気づいていなかったのです。気づきもせずに、ボンボンと苦痛な宿題を出していました。本当に、情けない。

 宿題をなぜするのでしょうか。それは家で勉強をする癖をつけるためだけのものです。別になくてもそう問題のないことです。宿題で学力をつけようなんて思っちゃいけません。学力は教室で、そして授業でつけるものです。もちろん家庭の力も必要ですが、僕らの仕事は教室で、授業で学力をつけることです。授業で学力もついていないのに、家で宿題でやってきなさいなんて子どもにとっちゃ拷問だし、単なる教師の責任放棄です。

 でも僕たちは結構、責任放棄的なことをよくしているような気がします。授業が下手なのに、授業がうまくいかなかったら子どものせいにしたりします。反省、反省。

|

« だれか、ふつうを教えてくれ | トップページ | 簡易郵便局 »

教育」カテゴリの記事

コメント

宿題で学力をつけようなんて思っちゃいけません。学力は教室で、そして授業でつけるものです。もちろん家庭の力も必要ですが、僕らの仕事は教室で、授業で学力をつけることです。授業で学力もついていないのに、家で宿題でやってきなさいなんて子どもにとっちゃ拷問だし、単なる教師の責任放棄です。

そのとおり!!
これから、ちょくちょくこのブログに散歩にきますね。

投稿: SYOGO | 2008年1月 8日 (火) 19時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« だれか、ふつうを教えてくれ | トップページ | 簡易郵便局 »