« 道徳の授業 | トップページ | 千代大海 »

2008年1月17日 (木)

1月17日

 阪神・淡路大震災から13年。まだ13年なのか、もう13年なのか。今の教え子にとってはもう生まれる前の出来事になってしまいました。13年。1番怖いのは風化することです。

 13年前の1月17日。テレビをつけた瞬間、戦争でも始まったかと思うような映像が飛び出してきました。建物は壊滅。高速道路がうねるように曲がり、至る所で火災が。大阪に住んでいる両親に電話をしてもいっこうに通じません。そのうち、死者の名前が次々とニュースで読み上げられだし。不安で胸がはち切れそうでした。

 夜中にようやく電話がつながり、母親はあっけらかんとした声で「すごかったよっ。」って。生きてた。よかった。しかし、この地震で6000人もの命が奪われました。

 日本は地震大国です。また起こる可能性は十分にあります。だからこそ、1月17日を風化させてはいけません。

|

« 道徳の授業 | トップページ | 千代大海 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 道徳の授業 | トップページ | 千代大海 »