« 猫の日 | トップページ | ロス疑惑再び »

2008年2月23日 (土)

フルスイング

 NHKの9時からのドラマ『フルスイング』がおもしろかったです。NHKのドラマを真剣に見たのは、朝ドラ以外では初めてのことです。高橋克実さんの演技が抜群に良かったです。そして今日が最終回。感動的でした。高橋さん演じる高林先生が最後のホームルームで生徒に伝えた言葉『気力』。あきらめてはいけないということ。そして気力は人を思うことで強くなり、人から思われることでもっと強くなるということ。

 「あきらめたらダメ!」って、よく子どもにも言います。最後までねばり強くって。でも、自分はどうなのかな。カッコいいことは誰にでも言えます。それを姿として示さないといけないなって痛感させられました。その姿を見せることが大人の仕事だし、教師の仕事なんだろうな。 

|

« 猫の日 | トップページ | ロス疑惑再び »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 猫の日 | トップページ | ロス疑惑再び »