« 宮内庁って | トップページ | 学習指導要領の改定案 »

2008年2月15日 (金)

附属小学校

 某付属小学校の研究発表会に参加。付属小の授業は実際の現場で使えないのが多いけれど、いろいろな授業を見るのはすごく楽しいです。でも、今日は結構ためになりました。道徳の授業がおもしろかったです。登場人物を先に示してから資料を読んだり、意図的に子どもの考えを3つに分けて、話し合う方向性を示したりするといった、うまい技術は使えそうです。

 その後の授業検討会である先生から「副読本には子どもたちが迷う場面のないものもあるが、そういうときはどのような授業を仕組むのか。」といった質問が出ました。で、授業された先生は「迷う場面のない資料は使わない。」とキッパリ言われました。その後、この発言に対して(この発言だけではなく授業全般に対しても)、指導助言者の大学の教授からグチグチ言われてました。まあ、どう考えても、この大学教授の発言の方が理解できなかったのですが(何が言いたいのかさっぱり分からず、メモ取るのもやめてしまいました。)。

 それにしても付属の先生は大変です。理論やら仮説やら、別世界の話をしているようです。友人で付属で働いている方がいますが、よくやるなぁと感心します。それにしても、付属の先生も大変だろうけれど、その先生の家族も大変だろうな。みんな、がんばるなぁ。

|

« 宮内庁って | トップページ | 学習指導要領の改定案 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮内庁って | トップページ | 学習指導要領の改定案 »