« 亀田大毅くん | トップページ | 日本VS中国 »

2008年2月19日 (火)

遺憾

 イージス艦と漁船の衝突事故。原因は定かではないけれど、防衛省の責任は極めて大きいと思います。漁船の船長の親族の「防衛省はいったい何をやっているんだ!」という怒りの声はきちんと届いているのでしょうか。そして福田首相、石破防衛相は相も変わらず『遺憾だ。』と言うだけ。遺憾・・・、なんて無責任な言葉でしょう。

 遺憾って言葉をニュースでよく耳にします。行政や企業のトップがよく使う言葉です。そのトップたちは遺憾って言っている割には、申し訳なさが微塵にも感じられません。まあ、「俺が直接悪いことをしている訳じゃないし、いったい部下は何をしているんだ!俺に迷惑をかけやがって。」程度の考えだからでしょう。遺憾って、どうも私が悪いのではなく、問題を起こした当の本人が悪いのだという感がしてなりません。「皆さんと同じように、僕もやつに怒っているんだ。まったくもう。」といった感じです。遺憾なことが多すぎるからそう感じるのかもしれませんが。

 それにしても、夜だから捜索打ち切りなんて生ぬるいことは許されません。遺憾なら遺憾なりの責任を果たさないと。とにかく2人を探し出すことが、遺憾に感じるトップの責任でしょう。まあ、トップは「探しだせっ!」って、命令するだけですけどね。

|

« 亀田大毅くん | トップページ | 日本VS中国 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 亀田大毅くん | トップページ | 日本VS中国 »