« キモい | トップページ | 祝文 »

2008年3月 4日 (火)

深夜放送がなくなる?

 自民党が4日開いた総務会で、地球環境問題や原油高騰を理由に深夜のテレビ放送の自粛を促す意見が相次いだようです。きっかけは、京都議定書の目標達成に向けた政府の「地球温暖化対策推進法改正案」。総務会はこれを了承しましたが、森山真弓元官房長官が温暖化対策に絡め「いつの間にかテレビは24時間やるようになった。」と指摘。70年代の石油ショック当時、放送局が深夜放送を自粛した例を引き、「温暖化対策もそれぐらいやらないといけない。」と。加藤紘一元幹事長も「京都議定書も今や他人ごとだ。これでは目標は達成できない。」と厳しい見方を示し、同調する意見が続いたようです。

 この話は昼間働いて、夜寝る人を基本に考えています。ライフスタイルは人それぞれで、昼間寝て、深夜に働く人だっています。だって、24時間営業のコンビニエンスストアがうじょうじょある時代です。考え方が甘いような気がします。まあ、何かしなければいけないという気持ちはわかりますが。

 今はもう深夜放送を見る体力がないですが、昔はよく見てました。深夜ならではのくだらなさがとてつもなく良いのです。でも、そんな深夜放送のことまで考えなければならないくらい温暖化って深刻なんだろうな。世の中が便利になりすぎたんだろうな。みんなで少し辛抱しますかね。地球のためにも、1日だけ電気もガスも車も使わず、家でただ、ボーっと寝ておくといった全く何もしない日とか作ったらどうなのだろう。心のエネルギー補給にも良いかもしれないぞ。だけど、何もしないっていう空気にみんな耐えられないかな。そんなに働かなくてもいいのに。

|

« キモい | トップページ | 祝文 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« キモい | トップページ | 祝文 »