« 自己評価シート | トップページ | 暴力の世界地図 »

2008年3月 1日 (土)

寄付金

 岩国前井原市長が空母艦載機移転反対のために凍結した市庁舎建設補助金に対して憤った女性が、足しにしてもらおうと市に500万円寄付していました。しかし、先月、新しい空母艦載機移転を容認する福田市長が誕生しました。というわけで凍結解除です。では、この500万円は?当然返してもらおうと返還を求めたのですが、「市の公金になっていて返せない。」と答えられたそうです。

 書面も交わしたので民法上で贈与が成立するそうです。でもねぇ~。この方、82歳だそうですが、年金の蓄えを取り崩して寄付したそうです。「アメとムチ」の政府のやり方に耐えきれなかったのでしょう。他にもいろいろな方から寄付があり、2800万円ほど集まったそうです。それも全部、『市庁舎建設のため』の寄付ではなく、『単なる』寄付の扱いになってしまうのでしょう。それって、おかしくないですか。

 この方たちは、市庁舎建設のために寄付したのに。法律上問題があるのかもしれないけれど、返したらいいんじゃないですかね。だって、補助金が出るんだったら、寄付なんてしなかったんだから。一般的な寄付とは違って、寄付の目的がはっきりしてるんだから。その目的に寄付金が使われないんだったら、返すのが義務でしょう。それくらいの人間味があってもいいんじゃないですかね。これって、法律とかの問題じゃなく、人としての問題のような気がします。

|

« 自己評価シート | トップページ | 暴力の世界地図 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自己評価シート | トップページ | 暴力の世界地図 »