« 明日、判決 | トップページ | 保護者のブログ »

2008年4月22日 (火)

少年犯罪の裁判、一歩前進

 光市母子殺人事件の高裁差し戻し審で広島高裁は『死刑』の判決を出しました。本来、当然の判決なのかもしれませんが、これは過去の前例から考えれば大きな判決です。今まで数多くの被害者の前に立ち塞がっていた『少年だから』の壁が崩れた瞬間でもありました。

 当時18歳だった被告は、犯罪は卑劣極まりなくても、18歳という理由だけで世間に名前を公開されていません(まあ、インターネット上では普通に知られていますが。)。そして、18歳だからという理由で「更正の可能性」を信じられ(被害者ではなく裁判所が)、無期懲役という刑で確定しそうな勢いでしたから。

 今までも数多くの少年犯罪がありました。「綾瀬女子高生コンクリート殺人事件」「名古屋アベック殺人事件」などなど卑劣極まりない事件も多々ありました。犯人たちは考えられないほど卑劣な事件を起こしているのだけれども、『少年だから』というよくわからない理由で死刑になることはありませんでした。もちろん、死刑が正しいかどうかはわかりません。ただ、現在の日本の最重刑罰が死刑です。死刑ではないということは、裏を返せば、死刑ほどの罪ではないということになります。しかも、その理由が『少年だから』では、被害者側はたまったものではありません。

 確かに未成年は守られるべき存在です。若さ故に過ちを起こしてしまうこともあるでしょう。更正の可能性だって、年を重ねた大人に比べたら高いのかもしれません。しかし、被害者が受けた罪の重さは、犯人の年齢なんて何の関係もありません。度を超えた犯罪に対しては、正しい判決が望まれるべきだと思います。

 弁護側は即日上告したようです。もうやめましょうよ。弁護側は何を守りたいのだろう。加害者?それとも自分のプライド?

|

« 明日、判決 | トップページ | 保護者のブログ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

 ほんね日記、拝見しました。本村さんの言葉、「社会にとっては私の妻と娘、被告の3人の命を奪われる結果となった。どうすれば死刑という残酷な判決を下さなくていい社会になるか考える契機にならなければ、3人とも犬死にだと思う。」がすべてを物語っていると思います。僕たちも考えなければいけません。何が正しいことかを。

投稿: パパ | 2008年4月23日 (水) 21時11分

はじめまして。

私も今日この事をblogで記事にしました。
私が抱く感情は間違っているのか?
世の中の人はどう思っているのか?
気になりニュースのカテゴリーでみなさんの記事を見ました。

同じ気持の人がいてなんかホッとしたところです。

投稿: ゆい | 2008年4月22日 (火) 22時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明日、判決 | トップページ | 保護者のブログ »