« 来年度から週プラス1時間 | トップページ | 動物園 »

2008年4月25日 (金)

3年

 尼崎の脱線事故から3年がたちました。3年前の今日も家庭訪問の時期でした。107人の方が亡くなり、562人の方が重軽傷を負った事故。ある遺族の言葉に胸が痛くなりました。

 私は、乗客はJR西が言う安全第一を、運賃というお金を払うて、安全を買うて乗っていると思います。違いますか。一つの家庭を築き上げるのには、何十年とかかります。崩壊させ、つぶすのは、ものの5分、いいえ数秒だと思います。このことを、JR西は忘れずにいていただきたい。そう願うばかりです。

 最近、チューリップを切ったとかの事件がニュースをにぎわせていますが、崩壊させ、つぶすことは簡単なのです。チューリップも家族も今の形にするまでには、大変な苦労があってのこと。大変な苦労の積み重ねで、『今』という輝かしい瞬間があるのに。ほんの一瞬の欲や保身でそれらをすべてつぶしてしまうってあまりにも酷な話です。

 ただ僕たちも他人事で考えてはいけないと思います。僕たち教師も多くの家族と関わっているわけですから。子どもを預かっているという責任をしっかりと背負っていかないと。

 あの日から3年が経ちました。経ったのは時間だけです。遺族の悲しみや怒りが消えることはありません。と同時に、この事故を風化させてはいけません。107人の魂のためにも。

|

« 来年度から週プラス1時間 | トップページ | 動物園 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 来年度から週プラス1時間 | トップページ | 動物園 »