« 電車でGO! | トップページ | 改正道路交通法 »

2008年5月31日 (土)

「死ね」という書き込み

  北九州市の高校に通う女子生徒が、自らのブログに「死ね」と書き込まれたのを苦に自殺したことが分かりました。同校では31日午前、保護者集会を開き、経過を報告したそうです。

 ブログなので、誰が「死ね」って書き込んだかは調査すればすぐにわかると思います。それにしても直接は言えないけれど、顔が見えない安心感から生み出される誹謗中傷。書き込んだ本人もあまり罪悪感を感じない書き込めるシステム。だからネットワークは怖いのです。おそらくいろいろなサイトでものすごい量の誹謗中傷が書き込まれているのでしょう。顔が見えないという妙な安心感が作り出しているのだと思います。そして、ものすごい数の人たちがその書き込みで傷ついているのだと思います。切ないです。

 100%書き込んだ人が悪いに決まっています。がしかし、ネットワークというものは、必ずしも善良な方だけが使っていないというのも現実です。むしろネットワークという存在が人の心を狂わせているといった方が適切かもしれません。顔が見えない安心感というのは本当に怖いのです。

 ネットワークの使い方に関しては大人よりも子どもの方が吸収率が高いです。だから、大人が教え切れていないことも問題を悪化させています。だからといって、「ブログをしちゃいけない。」「携帯電話でメールをするのはダメ!」という考え方もどうかと思います。結局は『相手はどんな気持ちかな。』ということです。このことを書き込んだら、このことをメールしたら、相手はどう思うかなということでしょう。要は人としてどうかということです。

 ただ、ネットワークに関わる以上、誹謗中傷は覚悟しておかないといけません。ネットワークという見えない関係で世界中の多くの人と繋がっているのです。それ自体は素敵なことではありますが、ものすごく恐ろしいことでもあります。善良な方もいるでしょうが、そうでない方もたくさんいます。何も考えずにあなたを傷つけようとか、悪いことに誘おうって考えている人もたくさんいます。このことがわかった上で、ネットワークを使わないと。こういう世界だということがわからないなら使ってはいけません。そして、大人がこういう世界であることを教えられないのであれば、子どもに使わせてはいけません。

 二度とこういう惨劇を起こさせてはいけません。

|

« 電車でGO! | トップページ | 改正道路交通法 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 電車でGO! | トップページ | 改正道路交通法 »