« 携帯電話を持たせない提言 | トップページ | 宿泊学習のお手伝い »

2008年5月19日 (月)

ベビーカー議論勃発

 ベビーカーを開いたまま電車に乗るか、それとも折りたたむか。電車内でのベビーカー使用マナーについて、議論が起こっているそうです。折りたたむのは、ベビーカーを利用する母親には負担が重いです。かといってそのままだと、場所を取り、じゃまだ、と感じる人も多いです。

 以前、あるデパートでのエレベーター内の話。中は混雑していました。屋上から降りてきて、ようやくあと1階で下まで行くという時に2階で止まってしまいました。扉が開くと、ベビーカーを押した若い女性の姿が。エレベーターの混み具合を見たその女性は、「次に乗ります。」と言い、扉が閉まりました。その後のエレベーター内でのある女性2人の会話。「何で、わざわざ2階から乗るのよ。」「だって、ベビーカーがあったからじゃないの?」「そんなもの抱えていけばいいのよ。」・・・って。そりゃないでしょ。

 この話はエレベーター内のことなので、電車内とは違います。しかし、結局のところ、折りたたむかそのままかの問題ではなく、『譲り合いの気持ち』とか『相手の気持ち』とかが考えられるかといったところなのでしょう。自分の思いばかり主張すると心が窮屈になります。周りが見られなくなります。その時々で相手の立場も変わります。譲り合い、お互いのことを考えれば、おのずとその時にすべき答えは見えてくるのではないでしょうか。

 折りたたむべきと考えている多くの意見が、「最近のベビーカーを押す人のモラルの欠如」です。赤ちゃんのためというよりも、自分の都合が優先されているからでしょう。この問題で1番優先されるのが「赤ちゃん」であること。議論の中心もそこでないといけないのでしょうがね。

|

« 携帯電話を持たせない提言 | トップページ | 宿泊学習のお手伝い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 携帯電話を持たせない提言 | トップページ | 宿泊学習のお手伝い »