« 教務だより | トップページ | 模造紙 »

2008年5月28日 (水)

実習生の授業

 教育実習生の初めての授業。自分のクラスを他の人が授業をするのを見るのは新採の時以来。ちょっとおもしろいです。それにしても授業する側は緊張するでしょうね。僕も十数年前に同じ立場を経験しましたが、1番最初の時は度を超える緊張感でしたから。

 他の人がする授業を見ていると気づくことが多いです。今日は45分の間にもいろいろなことに気づきました。今日は算数の「大きな数」でしたが、億とか兆とかには○をつけた方がわかりやすいのではとか、数字の中に最初から0を入れない方がいいのではないかとか。特に算数の場合はスモールステップを踏んでいかないといけないなぁって感じました。

 授業は誰かに見てもらわないと上達しませんが、他の人の授業を見る機会もすごく大切だと思いました。本当は自由気ままにいろいろな人の授業が見られたり、いろいろな人に授業を見てもらったりできればいいのでしょうが。なかなか難しいのが現実です。だから、見てもらえる、見られるっていう機会は絶対に大切にしたいですね。

 初授業が終わりました。お疲れさまでした。あと7時間あります。ちなみに明日は道徳です。明日もファイトです。

|

« 教務だより | トップページ | 模造紙 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 教務だより | トップページ | 模造紙 »