« 潮干狩り | トップページ | 今日はなぜ休み? »

2008年5月 5日 (月)

ターザン

Photo  「ターザン」を見ました。何度見ても、結構ドキドキします。ジェットコースターに乗っているかの如くジャングルを駆け回るターザンのスピードの速さはビックリです。それにしても仲間とは、そして家族とは何なのかを考えさせられる作品です。

 これを見ていると「アマラとカマラ」の話を思い出しました。狼に育てられた少女たちの話です。まあそれが実話なのかどうかは別として、子どもにとって身近にいる『大人』が生き方の手本になるには変わりありません。ターザンも周りにいる『大人のゴリラ』たちの姿が生き方の手本でした。

 今日は子どもの日です。子どもにとって『大人』である自分がきちんと手本になっているか、手本としての姿を見せられているかどうか、ターザンを見ながら改めて考えさせられました。

|

« 潮干狩り | トップページ | 今日はなぜ休み? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 潮干狩り | トップページ | 今日はなぜ休み? »