« 両面の参観日 | トップページ | 教師 大村はま96歳の仕事  »

2008年6月 8日 (日)

「コピー」を求める人

  東京の秋葉原の電気街で、赤信号を無視して突っ込んできたトラックに横断者がはねられ、降りてきた運転手に通行人がサバイバルナイフで次々と刺された事件。7人の方が命を失ったと報道されています。被害者遺族のやり場のない怒りはどこに向ければいいのでしょう。つらいです。

 今回の通り魔事件では、容疑者の逮捕・連行写真を携帯電話で撮影した人の周りに人だかりができ、自分の携帯に赤外線送受信でコピーする人たちが目立ったそうです。目撃情報を集めていた記者は、通行人の女性から赤外線受信で写真を入手。この女性も、逮捕現場にいた別の女性から赤外線受信でコピーしていたそうです。2人は他人同士だったらしいです。女性によると、現場で直接写真を撮影した男性が「捕まったぞ。」と叫ぶと、周囲には携帯電話を差し出し、「コピー」を求める人だかりができたそうです。

 この写真は誰かのためになるの?被害者のためになるの?今後の犯罪抑止のためになるの?その写真は何のために使われるの?ただ、友達や家族に見せるため?単なる証拠写真?被害者遺族は「コピー」を求める人だかりに何を思うでしょう。

 犯人、被害者、警察、そして写真を撮る人、さらに「コピー」を求める人。被害現場にいる人たちの立場があまりにも違いすぎます。これは正しいのでしょうか。違和感があるのですが。何か間違っていないですかね、「コピー」を求めるって。 

|

« 両面の参観日 | トップページ | 教師 大村はま96歳の仕事  »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 両面の参観日 | トップページ | 教師 大村はま96歳の仕事  »