« 説明力 | トップページ | かわいいこねこをもらってください »

2008年6月27日 (金)

行動の欄

 ある1室に今年度の通知票が学年ごとに置かれています。別に通知票を取りに行ったわけではないですが、用があってその部屋に行くと、ほとんどのクラスの通知票が既にありませんでした。当然のごとく、僕のクラスと隣のクラスの通知票は置いてありました。多分1週間後もこのまま、指紋すらついていないような気がします。

 今年度から通知票のシステムが変わりました。自校で作成したものを印刷にかけるのではなく、市の共同で印刷したものに変わりました。この最大の理由は予算と手間です。何かせつないですが。

 今までの通知票とずいぶん変わるところがあります。行動の欄の評価です。今までは大変よい・よい・もう少しの3段階評価でした。しかしこれからは大変よければ○がつく。それ以外は空欄という形です。だから別に良くても悪くても空欄です。大変よいでない限りは。というわけで空欄のところが多くなると推定されます。人によっては○がつかない場合もあります。まるで印の押し忘れかのように。どうなんだろう。

 行動って『○』で計れない面が多々あります。『○』で計ること自体に無理があるのかもしれません。それでも何らかの形で評価をするのが僕たちの仕事です。懇談で口頭で伝えるのも手なのでしょうが、何かもっといい方法はないのでしょうか。なぁんて文句を言っていう暇があれば通知票に取りかかればいいのに。

|

« 説明力 | トップページ | かわいいこねこをもらってください »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 説明力 | トップページ | かわいいこねこをもらってください »