« 改正道路交通法 | トップページ | ビックリ161円 »

2008年6月 2日 (月)

「有害情報は見せない。」だけでいいの?

  18歳未満の子どもをインターネットの有害サイトから守るための議員立法が今週中に衆議院の「青少年問題に関する特別委員会」に委員長提案として提出され、今国会で成立する見通しです。法案は携帯電話会社に対し、子どもがネットで有害情報を閲覧できないようにするフィルタリングサービスの提供を義務づけるそうです。パソコンメーカーには、フィルタリングソフトの組み込みを義務づけるそうです。出会い系サイトなど有害サイトに絡み、子どもが事件に巻き込まれるケースが全国的に多発していることから、与野党が共同で法案を提出し、今国会で成立を図ることで実効性のある対策を目指すようです。

 フィルタリングの質もあるのでしょうが、『何が有害情報なのか。』が最大のポイントになりそうですね。出会い系サイトや自殺サイトのようなモノは明らかですが、ブログはどうなのだろう?チャットは?危ないと思われるモノをどんどん遮断していけば、有害情報が見られない代わりに、ネットワークの便利さはどんどん失われていきます。

 学校のネットワークシステムでもブログやチャットは見ることができません。まあ仕方ないと思う反面、ブログやチャットのリアリティのある授業ができないのも寂しいです。口で言ったところで、あまり伝わらないですからね。

 子どもたちに有害情報を見せないという発想は悪いとは思いません。でも、モグラたたきのような気もします。見せないといっても、どこからともなく見せたくない情報が子どもたちの目に耳に飛び込んできます。そんなものです。たとえ情報が飛び込んできたとしても、自分で正しく処理できる判断力を子どもたちにつけさせないといけないのだと思います。

|

« 改正道路交通法 | トップページ | ビックリ161円 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 改正道路交通法 | トップページ | ビックリ161円 »