« 20年前の事件 | トップページ | 33093人 »

2008年6月18日 (水)

便利さへの甘え

 秋葉原の事件以来、ネット上での犯行予告が相次いでいます。今日も1人、偽計業務妨害で茨城県の人が逮捕されていました。むしゃくしゃしていたからしたそうですが、何とも悲しいほど地味なむしゃくしゃの解消法です。

 むしゃくしゃするときなんて誰でもあります。解消法は人それぞれでしょうが、お酒を飲んだり、パッと騒いだり、誰かに愚痴を聞いてもらったりして、むしゃくしゃ感を取り除きます。しかしまた、なぜ携帯電話の小さな画面にむしゃくしゃをぶつけるのでしょうか。文句も言わずに相手になってくれる道具だからでしょうか。

 携帯電話という便利な道具が登場して以来、世の中が180度変わったような気がします。かなり便利な道具です。これがあれば、会話だけではなく、買い物もできます。写真も撮れます。テレビも見られます。そして、見知らぬ誰かとも接点を持つこともできます。しかし、この便利さに世間は完全に甘えきっているような気がします。

 誰かと食事をしている最中でも平気で携帯で会話をする人、殺人現場を平気で写真に撮る人、そして自分のむしゃくしゃを解消するために平気で書き込みをする人。便利だからといって何でもありではないでしょう。マナーとかルールとかモラルが守られた上で便利さは価値を見いだします。便利さにおぼれるような甘ったれた使い方しかできないのであれば、携帯を持ってはいけません。

 携帯電話はコミュニケーションを取ることができる優れた道具です。しかし、ごく普通の面と向かってのコミュニケーションが成り立っているからこそ、生かされる道具であるということも忘れてはいけません。ごく普通のコミュニケーションがとれていないのに、携帯という安易なコミュニケーション制作マシンで誰かと繋がろうったって、無理な話です。

|

« 20年前の事件 | トップページ | 33093人 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 20年前の事件 | トップページ | 33093人 »