« 犯行予告の携帯サイト | トップページ | 親が子どもを守る姿 »

2008年6月11日 (水)

A4一枚のコメント

 研究授業でした。勤務校の今年のテーマは「表現力の育成」です。というわけで、『普段通り』の授業をしようと思いました。研究授業のためだけの授業ならば、その場限りに終わりそうだからです。もちろん、その1時間にものすごく力を込めることも必要です。ただ、表現力は1回の授業でつくというものではありません。日々の繰り返しです。だから、日々繰り返すことのできる授業展開を。教科書とノートとチョークで勝負する授業を提案しようと・・・というと聞こえはいいですが、ようはあまり研究をしていないということにもなりますが・・・反省、反省。

 朝、子どもたちに教室の後ろに椅子を並べてもらいました。そして、子どもたちに「後ろの椅子、気になる?」と聞くと、当然、気になる様子。で、「今日のどこかで誰かが座って、みんなの様子を見に来るの。みんなはかしこいから。」と言いました。ちょっとハニかんでいました。

 研究協議の前に職員室に降りると、教務の先生からA4一枚に今日の授業についてのコメントが書かれていました。協議終了後には教頭先生もA4一枚にコメントが書かれた紙を下さいました。本当にありがたいです。子どもが宿題の日記を書いて提出し、そして返された日記帳の先生のコメントを喜んで読む気持ちと同じです。またがんばろうって思いますから。まあ、本当にがんばらないとコメントを書いて下さった行為に対して失礼ですからね。 

|

« 犯行予告の携帯サイト | トップページ | 親が子どもを守る姿 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 犯行予告の携帯サイト | トップページ | 親が子どもを守る姿 »