« ビックリ161円 | トップページ | 忙しいという幸せ »

2008年6月 4日 (水)

実習生の授業(その2)

 ここ最近、指導案を毎日見ています。実習生の指導案だけではなく、来週は自身の研究授業も控えているからです。指導案を書くとなるとそれなりにエネルギーを使いますからね。まあ、それなり・・・ですが。

 教育実習も終盤に入ってまいりました。あと2日です。あさっての実習生の研究授業に向けて、案を練りました。単元は角度で、分度器の使い方です。明日の導入とあさっての第2時ともに実習生が行います。今まで学んだことから、とにかく『やることのないヒマな人を作らない。』ということで、プリントもたくさん作りました。これで早くできた人とまだできていない人の差をカバーします。さて、どうなることでしょうか。

 実習生もこの2週間で学ぶことが多いでしょうが、それ以上に僕自身が学ぶことが多いです。子どもへのことばのかけ方1つをとっても、考えさせられます。やはり、教師というのはそれなりにプロでないといけないのだと思います。プロになるためには鍛錬するしかありませんね。

|

« ビックリ161円 | トップページ | 忙しいという幸せ »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ビックリ161円 | トップページ | 忙しいという幸せ »