« 「死ね」という書き込み | トップページ | 「有害情報は見せない。」だけでいいの? »

2008年6月 1日 (日)

改正道路交通法

 今日から改正道路交通法が施行されました。13歳未満の子は歩道を自転車で通っても良いことになりました。つまり小学生です。まあ、自転車は『車』の扱いですから、車道を通るのが当たり前ですが、小学生がフラフラと車道を通っている方が危ないですからね。しかし、人が1、2人しか通れない歩道も小学生は自転車で通っても良いことになります。これはこれでかなりアクロバットなような気もしますが。

 そもそも自転車が通る場所がないのです。たまに自転車専用の道路のような場所を見かけたことがありますが、ごく稀です。まあいってみれば線路がないのに、電車が走っているようなモノです(ちょっと違うか。)。とにかく自転車は危ないのです。

 車を運転していると特に感じます。前に自転車に乗っている人がいれば、ものすごく不安を感じます。それが細い道だったら余計にです。でもこういうときって、車に乗っている人もイヤだけど、自転車に乗っている人も「何でこんな細い道を車で来るんだよ。」って思っているのでしょうね。物事って自分中心に考えがちになりますから。

 13歳未満の子が自転車に乗る際のヘルメット着用が保護者に努力義務を課せられました。この努力義務という猛烈に曖昧な表現ですが、もう何年か経つと努力義務の努力がなくなって、『義務』になるのじゃないのかな。あのときヘルメットを被っていればでは遅いですしね。それくらい自転車に乗るって危険なことであるということ、大人は子どもに教えないといけないのでしょうね。

|

« 「死ね」という書き込み | トップページ | 「有害情報は見せない。」だけでいいの? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「死ね」という書き込み | トップページ | 「有害情報は見せない。」だけでいいの? »