« 結婚式 | トップページ | スペースキー »

2008年6月30日 (月)

夏のわすれもの

 たまに国語の教科書の教材に思いっきり感動することがあります。立松和平さんの『海のいのち』や今西祐行さんの『一つの花』も感動しました。たまに読みたくなります。で、今、4年生で学習している教材もかなり感動する作品です。福田岩緒さんの『夏のわすれもの』です。

 おじいさんの突然の死と自省。最後の場面、じいちゃんの形見の麦わら帽子をかぶり、じいちゃんの大好きだった一面に咲くひまわりを見ながら、「じいちゃん、ぼく、ひまわりのようになるからね。」って。心にグッとくる作品です。今日、授業で僕が一読したあと一言みんなに。「いい話よねぇ。」と。もうこの一言で、これ以上授業をしない方がむしろいいのかもしれません。まあ、というわけにもいかないので、明日から主人公まさるの心に迫っていきたいと思います。

 ステキな作品に触れると心があたたかくなります。

|

« 結婚式 | トップページ | スペースキー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 結婚式 | トップページ | スペースキー »