« 寝苦しさ一掃できるかな(その2) | トップページ | 広島市民球場ツアー »

2008年7月28日 (月)

ラムネのビー玉

 今日も暑い1日。「暑い!」って言ったらいけないと思いつつ、口から勝手に出てきてしまうこの頃です。この暑い中、勤務校の花壇で草抜きをしていたら、校舎の裏から教頭先生の嘆き声が。行ってみると、割れたビンがあちこちに。そのビンの色を見てすぐにわかりました。ラムネのビンだと。

 そういえば、先週の土曜日に勤務校のグラウンドでお祭りがありました。おそらくそこでラムネが販売されたのでしょう。ラムネといえば、ビー玉です。中のビー玉をとる手段として、ビンを割ったのでしょう。ビンを落としてしまったというよりは、壁に投げつけたような跡があったから。

 でも、ラムネのビー玉ってとれたらつまらないのじゃないのかな。とれそうでとれないから面白いのに。結果をすぐに求めると、単純に割るということになります。結果がわかってしまうとつまらなくないですか。

 結局あとに残ったものは、ビンの割れた残骸と暑い中それを拾っているむなしさ。でも、割った本人もおそらく妙なむなしさを今になって感じているような気がします。結果だけを求めようとすると、妙にむなしくなるのです。なぜなら、そこには努力やがんばりといった生きたものがないから。

|

« 寝苦しさ一掃できるかな(その2) | トップページ | 広島市民球場ツアー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 寝苦しさ一掃できるかな(その2) | トップページ | 広島市民球場ツアー »