« たまには緊張も必要 | トップページ | 水泳記録会 »

2008年7月23日 (水)

疑心暗鬼

 女性2人が死傷した東京都八王子市の京王八王子駅ビル殺傷事件で、容疑者が警視庁捜査1課と八王子署の調べに「人間関係を含む仕事の関係で2.3日前からむしゃくしゃしていた。」と供述していることが分かりました。その上で「親も話を聞いてくれないので、大きな事件を起こせば、自分の名前がマスコミに出るようになると思った。」と説明しているそうです。

 この人33歳です。僕の1つ下です。親も話を聞いてくれないってどういうこと?完全なる責任転嫁ではないですか。情けなさ過ぎです。先月も秋葉原で同様の無差別殺傷事件があったけれど、両者とも「僕が犯罪を犯してしまったのは親や社会のせい。」という感覚です。こんな情けない理由がために殺された側は、この怒りをどこにぶつければいいのでしょう。

 ほんとうにこれは稀な事件と考えていいのでしょうか。でないと人混みにいたら、何かされるのではないかと疑心暗鬼になってしまいそうです。

|

« たまには緊張も必要 | トップページ | 水泳記録会 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« たまには緊張も必要 | トップページ | 水泳記録会 »