« 夏の大三角形 | トップページ | 飛び込み授業 »

2008年7月 8日 (火)

採用試験汚職問題

 大分県の教員採用に関する汚職事件は芋づる式にどんどん逮捕者が出てきそうです。こういうことがあると、大分だけではなく、どこでもあるようなイメージさえもたれそうです。お金で無理難題を解決しようと考えている人が教育に携わっているというだけで悲しいですが。

 それにしても、容疑者の名前がデカデカと出ているということは、採用試験で何らかの便宜があった上で合格し、今教壇に立っている人が誰なのかということはすでにわかっているのでしょう。その方も気の毒だけれども、その方に関わる子ども、保護者もとまどいを隠せないでしょうね。

 この方は本当はこういう裏取引があったことって知らないのじゃないのかなぁ。親が勝手にしたのではないのかなぁ。これからの教育を担う人です。お金で自分の権力を得ようなんて考えるわけないと思いますから。

|

« 夏の大三角形 | トップページ | 飛び込み授業 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏の大三角形 | トップページ | 飛び込み授業 »