« 夏のわすれもの | トップページ | 梅雨 »

2008年7月 1日 (火)

スペースキー

 今、このブログを書くのに使っているパソコンのスペースキーの調子がいまいちです。多分、どこかが外れているのです。だから押すと「カシャン」と乾いた音が鳴ります。まあ、確実に1番押されているボタンですから。このキーボードの中で1番働いています。キーボードをまじまじと見ると、「A」と「N」の印字がかなり薄くなっています。これまたよく働いているボタンなのでしょう。「Q」はきれいなものです。

 ある人の実験で、アリは2:6:2で分かれているそうです。よく働くアリが2割、ぜんぜん働かないアリが2割、そして普通に働くアリが残りの6割らしいです。で、おもしろいことに、よく働くアリ2割だけを集めて観察すると、同じよく働くアリばかりの中でも2:6:2に分かれ、ぜんぜん働かないアリ2割ばかりを集めても、その中で2:6:2に分かれるそうです。

 1つの環境の中にもいろいろな形があります。Aばかりでもないし、Qばかりでもありません。でも、本当に正しいことをしなきゃいけないときは、10:0:0でないとね。みんなが同じ方向を向かないと。 

|

« 夏のわすれもの | トップページ | 梅雨 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏のわすれもの | トップページ | 梅雨 »