« 疑心暗鬼 | トップページ | 2トン車の運転 »

2008年7月24日 (木)

水泳記録会

 水泳記録会でした。朝からテント張ったり、マイクをセットしたりとあわただしく過ごします。そして大会スタート。プールサイドはコンクリートなので猛烈に熱いです。がしかし、ぼくは大会中職員室にいました。優雅なものです。というのは記録係で記録をパソコンに打ち込み、Excelで順位を処理していく役だったからです。暇なときは暇なのですが、忙しくなると怒濤のごとく、記録用紙がやってきます。職員室もそれなりに熱かったです。

 水泳記録会は出る種目が限られます。というのは、あまり1人1人が出過ぎるとプログラムがおすからです。よく出られても3種目。1種目しかでない人が大半です。朝早くから学校へ来て、昼までに出る種目が唯一1つ。25mの自由形にエントリーした人は30秒で終わります。まあ、他の人の泳法を見るのも勉強といってしまえばそれまでですが、他の人の泳法を見て何か得ることのできる能力がある人はそんなにいない気がします。他の人を応援するのも勉強とも考えられるでしょう。でも、何時間も集中して応援なんてできません。たいていの人は自分が泳ぐとき以外は、ボーッと時間が過ぎるのを待つのです。

 大舞台に出るという経験は大切なことです。3時間の大会で、たった30秒間、みんなの前で一生懸命に泳いだだけでも価値があるのかもしれません。でも、3時間あれば、何十回も25mを往復して泳げるのも事実です。そして、3時間あれば、泳ぐことのできない子に泳ぐ機会を与えることができます。

 今年の水泳もこれで終わりです。

|

« 疑心暗鬼 | トップページ | 2トン車の運転 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 疑心暗鬼 | トップページ | 2トン車の運転 »