« 松本サリン事件から14年 | トップページ | 夜空を彩る »

2008年8月 6日 (水)

8月6日

 8時15分黙祷。63年目のヒロシマ。いまだに原爆投下は正しい判断だったと子どもたちに教えるアメリカの先生がいます。日本にもそういう考え方の政治家がいますが・・・。

 一瞬で多くの人が亡くなり、そしていまだに苦しんでいる人がいるという現実。それでも正しいと言い切れるのでしょうか。

 ヒロシマで核爆弾が落とされ、その恐ろしさを世界中が知っているにも関わらず、核を持っている国がたくさんあります。「俺の国は核を持っているんだ。」という脅し道具です。虎の威を借る狐です。あまり脅しにならなかったりすると、実験なんてくだらないことをして、アピールするのです。小学生が必死に背伸びして強がっているような感じです。なぁんか、肩こりませんか。もっとみんなシンプルに生きましょうよ。その強がりが、ヒロシマをナガサキを63年たった今も苦しめていることに気づかないかなぁ。

 ※8月6日は原爆の日であり、僕の誕生日でもあります。とうとう四捨五入したら40の年になってしまいました。

|

« 松本サリン事件から14年 | トップページ | 夜空を彩る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 松本サリン事件から14年 | トップページ | 夜空を彩る »