« コイントス | トップページ | 不意 »

2008年8月17日 (日)

コイントス(その2)

 昨日に引き続きレスリングです。伊調さんの妹が金メダル。これまた連覇です。すごすぎです。

 決勝戦第1試合は0対0であのコイントス。そして伊調さんが片足持たれる方に。完全に不利です。30秒間耐えないといけないのです。恐るべき不平等制度だと思っていたのですが、伊調さんは耐えてしまいました。というか、むしろ攻めていました。結局、強い人は強いのだと思いました。第2試合もコイントス。今度は伊調さんが片足持つ方。あっさりタックル成功。この人の集中力は凄まじいです。

 柔道にしろ、レスリングにしろ、勝つ人は一瞬のチャンスを逃しません。ここぞというときはきっちりと決めてきます。まあどの世界もそうですが、躊躇してたらダメです。次こその次がやってくる保証はないし。それにチャンスって、偶然やってくるモノではありません。必然です。やっぱりがんばっている人にやってくるのです。伊調さんに巡ってきたチャンスも、きっと彼女が人の何倍も練習してきたからでしょう。

 それにしてもオリンピックって、勝ち負けがはっきりと分かれるシビアな世界ですね。この場で勝つことと負けることで人生が180度変わってしまいそうだから。

|

« コイントス | トップページ | 不意 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« コイントス | トップページ | 不意 »