« 夏の終わり | トップページ | 活用力 »

2008年8月28日 (木)

子どもの発言とそのための発問

 勤務校に電話が。相手は以前の教務の先生。「わぁ、久しぶりです。お元気ですか?いや、そうでもないですか?」と尋ねると失笑してました。かなり忙しい日々を送っているようです。ちょっとした用だったのですが、久々に声が聞けてうれしかったです。今は教頭先生としてがんばっておられます。先生とは家が近かったので、飲みに行くときはいつも一緒に行っていました。近かったと過去形なのは、今は単身赴任で離れたところに住んでいるからです。

 この先生は猛烈に厳しい方でした。研究授業で褒めることはほとんどなかったです。自分のポリシーを曲げない人でした。こういう人は学校に必要なのです。大好きでした。先生の授業の考え方は大変参考になりました。先生は

 子どもにどういう発言を望むのか。そのためにどういう発問をするのか。

 ということをよく言われていました。場当たり的な授業をしていては、この考え方に到達しません。子どもの発言内容は、教師の発問の善し悪しで大きく変わります。発言内容はそのまま、教師の力量と比例します。

 今度授業を見ていただける機会があれば、少しは褒められる授業がしてみたいと思います。そのためにも子どもの発言とそのための発問を意識した授業を積み重ねないと。

|

« 夏の終わり | トップページ | 活用力 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夏の終わり | トップページ | 活用力 »