« 活用力 | トップページ | 24時間テレビ »

2008年8月30日 (土)

殺人予告の書き込み

 ここ最近、インターネット上での殺人予告で逮捕される人が相次いでいます。今日も皇太子や歌手を殺人するといった書き込みをした人たちが逮捕されていました。この人たちはたいていこう言います。「社会に不満があった。」って。本当にそうかなぁ。

 インターネットの書き込みは誰でも簡単にできます。一応、画面上での話なので書き込んだ人の顔はわかりません(一応ですが、誰が書き込んだなんて調べればわかりますので。だから捕まるのですが。)。だから好き勝手なことが書けます。一般的に直接面と向かって、「あなたを殺す。」なんて言ったら、その時点で脅迫罪になりますが、ネットに書き込んだ時点では相手の反応もわからないので、あまり罪悪感がありません。さらに、その書き込みを不特定多数の何人かが見ているという状況。見た人の中には、大変なことだって思う人もたくさんいるでしょう。そう感じる人たちを想像することで歪曲した優越感をただ感じてただけじゃないのかなぁ。確かに社会に不満はあったのだろうけれど、ネットへの殺人予告の書き込みなんて、ただの自己満足でしょ。

 情報モラルが守れない人は、ネットワークに触れてはいけません。便利な世界を狭めるだけです。

|

« 活用力 | トップページ | 24時間テレビ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 活用力 | トップページ | 24時間テレビ »