« 涼 | トップページ | 終戦の日 »

2008年8月14日 (木)

JUDO

 オリンピックの柔道。今日は男女とも第1試合で負けてしまいました。残念です。普段ならそこまで注目されないだろうけれど、オリンピックという舞台、そして柔道といういかにも日本的スポーツ、国民の期待は膨らむばかりです。出場する方も大変ですが、そのプレッシャーを受け入れるのがプロなのかもしれませんが。

 やたらと柔道のルールのことが言われます。以前とは違うと。負けてしまうと恰も敗因がそのルールのせいのような感じで。確かに、反則の効果のポイント1つだけで勝ったり負けたりする試合もあります。でも、戦っているもの同士は同じ条件なので、有利不利はないはずです。むしろ、自分が一本で決められなかった、効果的な技を決められなかったという方が敗因なのに。まあ、いろいろ言ってるのは試合をしていない周りの方であって、戦っている人自体は、そんなこと気にしていないのでしょうが。ただ、周りの声があまりにも大きすぎるので・・・。

 そういえば、今、柔道の解説をしている篠原さんが、以前、審判の明らかな誤審で負けてしまったとき、「自分が弱いから負けた。」と言っていました。周りは好き勝手に言います。まあ、周りだから言えるのでしょうが。でも、プロは冷静なのでしょうね。だからカッコいいのだと思います。

|

« 涼 | トップページ | 終戦の日 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 涼 | トップページ | 終戦の日 »