« マリ共和国と水 | トップページ | 窮屈はダメでしょ »

2008年9月 2日 (火)

福田さん1年もたず

 鯉太郎さんがメールで福田さんのことを書いていました。鯉太郎さんの昨日の辞任会見の感想は「面白くなかったけど,素直に一応謝った,月亭可朝の方がずっとましです。」と。僕はたまたま見ていた織田裕二さんのドラマが突然、辞任会見に変わったことにビックリ。途中でやめてしまった後のドラマはどうするのだろうって思っていて、別のチャンネルを見ていて、たまたまフジ系列のチャンネルに替えたら、続きがやっていて、しかももう来週の予告になっていたので、またまたビックリでした。
 
 「あなたと違って、客観的に見られるんですよ。」って記者に感情をぶつけたところが、少し滑稽だったけど、人間っぽかったです。でも、やめる理由がいまいちよくわかりませんでした。東京都知事が「力量がなかったのでしょう。」って言っていたけど、その通りなのでしょう。でも、一国の首相が「僕の力不足です。すみませんでした。」なんて言うことはプライドが許しませんからね。
 
 すでに次の総裁選びに事が進んでいます。流れ作業のようです。勝手に流れるなら問題ないのですが、この流れ方が僕たちの生活に直接関わってくるから大変なのです。政治家の方たちも大変なのでしょうが、国民の代表者であります。正しい流れに変えましょうよ。惰性の悪循環では、悪くなる一方です。

|

« マリ共和国と水 | トップページ | 窮屈はダメでしょ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マリ共和国と水 | トップページ | 窮屈はダメでしょ »