« 最後の運動会 | トップページ | 勉強の秋 »

2008年9月24日 (水)

いろいろ

 麻生総理大臣が誕生し、麻生内閣が発足しました。閣僚名簿の発表のシーン、この1年で何度見た光景でしょう。ただ、今回は官房長官ではなく麻生総理自身が発表するという異例なケース。名前の発表と同時に、そこでやっていただきたい仕事を紹介していました。おもしろい企画です。でも、なぁ~んだか、ぱっとしません。それはやっていただきたいことは国民がよくわかっているので、敢えてそれをなぞるように言われても新鮮みがないのと、やたらと『いろいろ』という言葉を使ったためだからだとと思います。

 この『いろいろ』という言葉。閣僚名簿の発表の中で何十回も登場してきました。いろいろやっていただきたいとか、いろいろな仕事がとかって。いろいろあるのはわかるのですが、いろいろって重みのない言葉のように感じます。だから僕はできるだけ『いろいろ』という言葉を文章を書くときに使わないようにしています。曖昧で具体性がなく、なんのこっちゃわからない面があるからです。僕が文章で『いろいろ』という表現を使うときは、僕自身に具体性のある考えがないときです。自信がなかったり、お茶を濁すようなときに『いろいろ』という表現で誤魔化したりします。いろいろあって、例えば・・・というように流れれば多少具体性は増しますがね。

 まあ、この1年で閣僚も『いろいろ』代わりましたからねぇ。今の政治は曖昧で具体性のない『いろいろ』という言葉が似合うのかもしれません。おそらく今年中にあるであろう総選挙でまた『いろいろ』と政治が変わるのでしょうね。政治家のみなさんも『いろいろ』と忙しいですね。 

|

« 最後の運動会 | トップページ | 勉強の秋 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最後の運動会 | トップページ | 勉強の秋 »