« 学校のテレビの行方 | トップページ | なぜ道に置くの? »

2008年10月28日 (火)

不可思議な選考基準

 神奈川県のある高校で入学試験では内申書、学力試験、面接の総合的な成績順位は合格圏内に入っていたのに、願書受付時の服装、態度などが悪く、入学後の生徒指導が困難と判断した受験者を、選考基準に従わず不合格にしていたと発表したそうです。県の教育委員会は、受験者、保護者の希望があれば入学させることも検討するそうです。その高校の校長先生は、「先生方の生徒指導の負担軽減とまじめな子をとっていきたいという思いだけだった。大変申し訳なく思っている。」と陳謝したそうです。

 このニュースに違和感を覚えたのは僕だけでしょうか。願書受付時の服装や態度がどんなのだったのかは知らないし、選考基準がどんなものかもわかりませんが、義務教育ではない高校の話ですよね。入学後の生徒指導が困難だと判断したのであれば、それが合否の判断ではダメなのかなぁ。人は見た目で判断してはダメということなのでしょうか。それに、願書受付に本人ではなく、親とか別の人が行っていたならば良かったのかということにもなるからダメなのかなぁ。私立だったら許されたのかなぁ。

 僕の高校受験のころは願書受付なんて、超ド緊張してたけどなぁ。僕だけじゃなく、周りの同じ受験生もみんなそうだったけれど。服装とか態度なんて特に気を配ったけれど。人は見た目では判断できないというけれど、第一印象は間違いなく見た目です。ある企業の話。倍率が高い難関の企業で、最終試験まで残ったのはたったの2人。そのどちらかが1人だけしか合格できません。しかし両者とも甲乙つけがたい。でもどちらかをというときに、社長の目に映ったのは2人の靴。よく磨かれていた方を合格にしたそうです。素敵な選考基準です。

 多少横柄な態度でも、学力があれば合格できるという変なレッテルを貼られるのではないでしょうか。それってマズくないですか。まあ1番マズいのは落とされた人は総合的な成績順位では合格圏内らしいけれど、総合的に合格の人が、入学後の生徒指導が困難と判断されるという選考基準なのでしょうけれどね。

|

« 学校のテレビの行方 | トップページ | なぜ道に置くの? »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 学校のテレビの行方 | トップページ | なぜ道に置くの? »