« 髪を切る | トップページ | 阪神が負けちゃった »

2008年10月19日 (日)

男女の差

 県の物産展に行きました。たくさんの催し物があっておもしろいです。ローカル局のすごく美人なアナウンサーがいました。娘と一緒に写真を撮らせてもらいました。それにセグウェイの試乗がありました。みんな上手に乗るのに、僕だけぜんぜんうまく乗れません。周りのギャラリーからため息が聞こえました。カーブが曲がれません。平衡感覚がないのでしょうか。まあいいや。

 たくさんの人がいるので、トイレも大渋滞です。男子トイレは渋滞がほとんどないので、下の娘を男子トイレに連れて行きました。でも男子トイレの大便用個室トイレはだれかが入っているよう。しばらく待っていると扉が開きました。しかし、出てきたのは何とおばさんではないですか。ちょっとビックリ。女子トイレに並ぶ我慢ができなかったのでしょうか。しかし、あまりにも普通の行動だったので、慣れているのかなぁ。

 こういうことはよくあることで、連休の高速道路のパーキングにしても、女子トイレの混雑は尋常ではありません。やっぱりおかしいです。本当に男女平等を考えるのならば、女子トイレの数は男子トイレの3倍にはしないといけません。それでようやく平等です。男と女は基本的に違う生きものなのだから、数を同じだけ揃えたところで、平等ではありません。男子トイレに行かざるをえないおばさんがいるということは、おばさんが悪いのではなく、トイレの数のシステムが悪いということです。

 そういえば、前述のセグウェイ。僕の乗り方より、僕の前に試乗していたおばさんがはるかに上手でした(このおばさんはトイレのおばさんと別人です。)。コーナーリングがプロフェッショナルでした。この場合は、男女の差とか全く関係なく、単なる個人の資質の問題でありますが。

|

« 髪を切る | トップページ | 阪神が負けちゃった »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 髪を切る | トップページ | 阪神が負けちゃった »