« 入院 | トップページ | 保釈金 »

2008年11月20日 (木)

苦言を呈される発言

 麻生首相が医師について「社会的常識が欠落した人が多い。」と発言したこと。さまざまな大臣から苦言を呈されているようです。結局、医師会に謝罪したようですが、結構ビックリする発言です。与党内からも「総理大臣なんだから、もう少し発言は慎重にしてほしい。」という声が上がっていますが、これが本音なのではないでしょうか。だから、慎重にできないんだと思います。

 社会的常識が欠落したお医者さんはいるのかもしれません。しかし、こんな人は医師の世界に限らず、どこの世界にでもいます。多くのお医者さんが、昼夜問わず、命を助けるために精一杯働いているのに。医師不足の中、1人で何人分もの仕事をしているのに。

 トルコのことわざで『素晴らしき言葉は鉄の扉をも開ける。』というものがあります。麻生さんの言葉は、どんどん鉄の扉を閉めていっているような気がします。いったん閉まった鉄の扉はなかなか開きません。定額給付金をバラまいても開かないでしょうね。

|

« 入院 | トップページ | 保釈金 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 入院 | トップページ | 保釈金 »