« どうにかしないと | トップページ | 4年生のメールごっこ »

2008年11月 6日 (木)

定額給付金のおもしろい政府案

 政府の追加経済対策に盛り込まれた総額2兆円の定額給付金について、引換券を全世帯に配布した上で、引換券を持参した世帯に給付金を支給する案が浮上したそうです。高額所得者には給付金受け取りを辞退するよう呼びかける方向らしいですが、辞退するかどうかは世帯主個々の判断に委ねられるそうです。

 いやぁ、ビックリするほどおもしろい案ですねぇ。おもしろいのその1、引換券方式。何といっても4人家族で6万円の引換券ですからねぇ。どういう形で配布されるのだろう。まあ、普通にポストに入っているようなことはないのでしょうが。でも、6万円となると引き換える場所まで持って行くだけでドキドキしてしまいそうです。何だか、引換券を入れた鞄をぎゅっと握りしめてそう。でも、年金便のようにうちには引換券が届かなかったとかいうトラブルがまた起こるんだろうな。

 おもしろいのその2、辞退の呼びかけ。いくらくらいもらったら呼びかけられるんだろう。でもいくら高額にもらっていたとしても、もらえるものは欲しいと思うけどなぁ。「いやぁ、僕は高額もらっていますから、辞退しますよ。」なんて言うのかなぁ。何といっても不景気な時代です。今は良くても明日どうなるかはわかりません。辞退するのも結構勇気がいるような気がしますが。

 何かをしなきゃいけないという政府の思いはわかりますが、これではバラマキと言われても仕方がないような気がします。バラマかれた分は、素直にうれしいのですが、これで景気がよくなるとは思えません。我が家ならバラマかれた6万円はタンス預金になると思いますが。

 多分、この引換券案は近いうちになくなっているような気がします。

|

« どうにかしないと | トップページ | 4年生のメールごっこ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« どうにかしないと | トップページ | 4年生のメールごっこ »