« 専科の先生 | トップページ | 目覚ましが鳴る前 »

2008年11月26日 (水)

また自己嫌悪

 学力向上委員会が勤務校でありました。前回は同学年の先生に出ていただいたので、今回は僕が出ました。失言はしないようにと心がけておいたのですが、どうもいけません。また反省です。

 話の中心は朝自習の算数について。火曜と木曜の朝に算数を取り組むことになったのですが、職朝のある月曜と金曜も行うとのこと。当然、教員はいません。僕は、最初にこの話を聞いたときから、先生がいない時間に、算数をやるメリットをあまり見出せませんでした。たとえプリントをさせたとしても、できる子はすぐ終わるし、できない子は苦痛な時間になるだけです。それに先生がいないときに、集中して学習に取り組むとはあまり思えません。まあ、先生がいなくてもきちんとするクラスにしないといけないのでしょうが、そのためには、先生がいなくても黙って集中してできる課題を用意する必要があります。単なる計算問題では難しいです。それにプリントをさせたら、あとでできているかどうかの確認も必要です。だから、「プリントとかやらせっぱなしでもよいのか。」といった類のことを言ってしまいました。そのほかにもいろいろ言った気がします。あらら。

 自分の思っていることをただそのまま言うだけではいけません。それで、今までも何度も失敗してきたのに。またその繰り返しです。情けないです。また自己嫌悪です。本当にいい加減にしないと。

|

« 専科の先生 | トップページ | 目覚ましが鳴る前 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 専科の先生 | トップページ | 目覚ましが鳴る前 »