« 生キャラメル争奪戦 | トップページ | 図書館活用と成績向上の関係 »

2008年12月15日 (月)

県の勉強

 社会で県の勉強をしています。この勉強をするにあたっての最大の難関は資料です。適した資料が見当たらないのです。教科書には別の県が載っています。図書室にある県の本では難しすぎます。インターネットという作戦もありますが、使いこなすほどの技量はまだ備わっていません。それに情報量が多すぎます。そこで、最初っからハイパーリンクを使って4年生用の調べ学習ページを作成し、資料を限定しています。それでも、不完全です。

 そんなとき良いものを見つけました。JRの駅に県のパンフレットが置いてあったのです。しかも、全県版や県の地域ごと版とか。10数種類ありました。大量に置いてあったので、各種大量にとってきました。さすがパンフレットです。その地域にどういうものがあるかとか、伝統的な行事とか特産物とか一目瞭然です。

 ということでインターネットとパンフレットと2つを使って県の特色を調べています。ただ調べるだけだったらつまらないので、「県内一周2泊3日ツアー」と題して、ツアーコンダクターの立場でお客さんを喜ばせるプランを作成するという設定で学習を進めています。子どもたちは自分たちが本当に行けるものと勝手に勘違いしていますが、本当に行きたくなるようなプランができあがると良いですね。まあ、そういうプランを作成させるように僕が仕向けないといけないのですがね。

|

« 生キャラメル争奪戦 | トップページ | 図書館活用と成績向上の関係 »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 生キャラメル争奪戦 | トップページ | 図書館活用と成績向上の関係 »