« 殴り合いのケンカ | トップページ | 渡辺さんの1人起立 »

2008年12月23日 (火)

ケンカでない殴り合い

 プロボクシングWBC世界フライ級タイトルマッチがありました。チャンピオンの内藤大助選手が挑戦者の山口真吾選手を11R1分11秒でTKO。4度目の防衛を達成しました。試合はまさに殴り合いといった壮絶なものでした。

 内藤選手のパンチがことごとく当たります。パシーンという乾いた音が響きます。それでも山口選手はなかなか倒れません。そして11R、初めてのダウン。立ち上がったものの、内藤選手の猛攻が。しかし、そのあとも山口選手はフラフラしながらも手を出し、倒れません。レフリーが2人の中を割って入って試合をストップさせたけれど、山口選手の精神力には感動しました。

 ときとして命を奪うこともあるリング上での殴り合い。ボクシングは命がけのスポーツです。だから練習量も半端ではないのでしょう。だからこそ公衆の面前で堂々と殴り合いが出来るのです。そして観衆の2人をたたえる拍手。すばらしい試合でした。

 がんばった2人に向けられる視線と電車の中でカッとなって殴り合う2人に向けられる視線。あまりにも対照的です。 

|

« 殴り合いのケンカ | トップページ | 渡辺さんの1人起立 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 殴り合いのケンカ | トップページ | 渡辺さんの1人起立 »