« ランドセル | トップページ | 差し戻し »

2008年12月 8日 (月)

シュバイツァーさん

 放課後にいつも黒板に偉人の名言を書きます。で、次の日の朝、その言葉の話をします。ちょっとした朝の道徳です。今日はアルベルト・シュバイツァーさんの言葉「成功の最大の秘訣は、他人や状況に振り回されない人間になる、ということだ。」です。周りに流されてはいけません、自分で正しい判断をしなければいけません、流されると人のせいにするだけで「自分」を見失ってしまいますといった話をしました。4年生でもそれなりによく話を聞いています。まあ、毎朝繰り返してこのようなことばかり話されるので、聞いている側も大変でしょうが。

 昼から勤務校の近所の中学校へ。参観日だったので、同学年の先生とのぞきに行きました(一応、許可をもらいましたが。)。小学校と中学校は授業の雰囲気が全然違います。授業の中身も違えば、子どもの発達段階も違うので当然なのでしょうが、硬い感じがします。20分ぐらいしかいなかったのですが、ふいにシュバイツァーさんの言葉が頭の中をよぎりました。

 中学生って、思春期まっただ中だから、心が揺らいでいる時期です。強がる時期です。そして他人や周りの状況に敏感な時期です。多少、仕方ないのかもしれませんが、「自分」という芯は1本通しておかないといけません。周りがダラッとした感じだからって、真面目さを嫌うような感じだからって、それに振り回されていたら「自分」を見失います。振り回されることのない「上手い生き方」を身につけないといけませんね。中学生は大変です。 

|

« ランドセル | トップページ | 差し戻し »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ランドセル | トップページ | 差し戻し »