« ケンカでない殴り合い | トップページ | リズム天国ゴールド »

2008年12月24日 (水)

渡辺さんの1人起立

 自民党の渡辺喜美元行政改革担当相は衆院本会議で、民主党提出の衆院解散を求める決議案に与党で1人賛成しました。自民党側の席で1人起立しました。政党という集まりは多数決のためのコマではないことを示した姿でした。

 ただ、今の渡辺さんの立場があるのは自民党員だからかも知れません。お父さんの力もあるでしょう。でも、この不況が覆い尽くした世の中を打破するために「党」という群れの考えではなく、一政治家としての考えを示した渡辺さんは立派です。

 赤信号をみんなで渡らない渡辺さんはそれなりに処罰をされるのでしょう。それでもだれかが行動しないと今の世の中は変わりません。群れのしがらみに流されているだけではダメです。渡辺さんのような造反的行動が正しかったのかどうかは今の時点ではわからないけれど、何人かの政治家さんは、1人起立した渡辺さんの姿に感じるものがあったのではないのかなぁ。まあ、何人か、でしょうが。

|

« ケンカでない殴り合い | トップページ | リズム天国ゴールド »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ケンカでない殴り合い | トップページ | リズム天国ゴールド »