« またネットいじめ | トップページ | CHANGE »

2009年1月20日 (火)

子どもの携帯電話と大人の責任

 文部科学省は子どもの携帯電話について、小中学校への持ち込みや校内での使用を原則として禁止すべきだとする指針を出す方針を固めたようです。月内にも各教育委員会や学校に通知するらしいので、そのうち勤務校にもやってくるでしょう。この文書は生徒指導に行くのかな?それとも視聴覚かな?

 原則禁止するのは「ネットいじめ」があまりにも乱発しているせいです。つまり、『臭いものに蓋』ということです。まあ、大人がネットワークの光と影を子どもにうまく教えられなかったということになります。「ネットいじめ」というと子どもだけが悪いように映ります。もちろん悪いのです。卑怯なのです。しかし、うまく教えられないのに、携帯電話を子どもに手渡した我々大人も大問題なのです。

 ただ、『臭いものに蓋』をして解決する問題なのかなぁ。学校には持ってこなくても、学校外で使用するのは個人の自由です。学校外のことまで制限することはできませんから。結局のところ、携帯電話を使う当の本人と、その携帯電話を手渡した親の責任になります。持ち込みは禁止であっても、学校外では今まで通りです。だから、大人は子どもにネットワークについて教えないといけないのです。

 禁止しても問題は起こるように思います。こうなったときに、またさらに『臭いものに蓋』的発想で、学校外でも小中学生は使用自体禁止なんて話も浮上するのではないでしょうか。本当に蓋をしなきゃいけないのは、子どもの携帯電話の現実から逃げてしまっている大人の姿のように思います。子どもに携帯を渡してしまってよかったのか、ネットワークのことについて子どもと真剣に話をしたのか、使用についての約束事を子どもときちんと決めたか。大人は振り返ってみる必要があるのではないですかね。でないと、どんなに携帯電話に蓋をしても、同じようなことが繰り返されるような気がします。

|

« またネットいじめ | トップページ | CHANGE »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« またネットいじめ | トップページ | CHANGE »